メールマーケティングに関するよくある質問

メールマーケティングに関するよくある質問

メールマーケティングとは?

メールマーケティングはデジタルマーケティング戦略の1つです。簡単に言えばメールを使用したマーケティング活動を意味します。商品、サービス、キャンペーン、ニュースレターなどについて顧客とコミュニケーションを取ります。メールマーケティングは目的に応じて顧客との関係性構築や、興味関心を引き上げる育成、キャンペーンや特別なオファーで売上を生み出す、など様々なメールマーケティング戦略で活動します。

メールマーケティングを使用する目的は何ですか?

目的は様々ありますが、関係性の維持から売上促進まで、様々な目的で使用します。これらの目的達成のために様々なメールマーケティングの種類を使用します。

メールマーケティングのメリットは何ですか?

売上向上、リピート率アップ、リスト活用、関係性構築など、メリットは様々ありますがメールマーケティングの最大のメリットはROIが非常に高いという点です。他のデジタルマーケティング手法に比べて、メールマーケティングは低コストで多くの収益を生み出す、生産性が高いマーケティング手法です。

現代でもメールマーケティングは有効ですか?

有効です。SNSやLINEが普及し、昔ながらのメールマーケティングは時代遅れと言われがちですが2022年の現代も企業が顧客に直接リーチするための最も効果的な方法の1つです。

メールマーケティングにはどのような種類がありますか?

  • サンキューメール
    メルマガ登録、資料請求、お問い合わせ、セミナー参加などのコンバージョン後に配信されるメールです。
  • メールマガジン(メルマガ)
    業界のニュースや、商品、サービスのアップデート情報など、ニュースレターを定期的に配信します。
  • キャンペーン
    コンバージョン(成果)を目的としたセールスメッセージで、通常、コンテンツ内にCTA(お申し込みはこちらなどのボタン)を含み、顧客をランディングページやwebサイトの対象ページに誘導し、フォームにサインアップしてもらう目的で配信します。
  • ステップメール
    顧客の行動に応じて予め用意したコンテンツを自動送信します。例えば、メールを開封した、クリックした、メルマガ登録した、資料請求したなど顧客のアクションを引き金(トリガー)として自動送信します。
  • セグメントメール
    顧客リストを様々な属性でセグメント化し、そのセグメントにあったコンテンツをセグメント別に配信します。業種、地域、役職、年齢、性別、年収、セグメント化は顧客の行動でセグメント化することもできます。購入商品、セミナー参加、資料請求、メールの開封、クリック、動画の視聴など。
  • イベントメール
    誕生日、ブラックフライデー、ハロウィン、クリスマス、年末年始などのシーズンにあった特別なオファーを配信します。

メールの開封率を上げるにはどうすればよいですか?

開封は件名が大きく影響します。数多くのメールの中から開封してもらうには印象を与える件名にする必要があります。件名を強化するには、パーソナライズ、ユーモア、質問、絵文字、これらを含む件名にすることで開封率を引き上げることができます。

メールのクリック率を上げるにはどうすればよいですか?

クリック率が悪い場合は、適切なメッセージを適切な人に届けられているかを確認して下さい。そうでない場合はまずはリストをセグメント化し、セグメントにあったパーソナライズメッセージに変える必要があります。メールデザインはHTMLメールで作成し、ファーストビューにこのメッセージが何のメッセージであるか一目でわかる画像とキャッチコピーとCTAボタンを含めることでクリック率を引き上げることができます。

メールを配信するリストがありません。リストを購入しますか?

おすすめしません。質の高いリードではありません。接点のないこれらのリストはメーリングリストにオプトインしていないため、あなたの製品やサービスに本当に興味を持っている人々が含まれていないため、あなたのメールをスパムとしてマークする可能性が高くなります。コンテンツマーケティングでリストを獲得することから始めましょう。

リストを増やすにはどうすればよいですか?

メールアドレスのある顧客リストをメーリングリストといいます。メーリングリストを増やすための最善の方法はメールを受信するためにサインアップすることと引き換えに、視聴者にコンテンツ(インセンティブ)を提供することです。そのオファーをwebサイトや、SNS、広告使って集客します。インセンティブとなるコンテンツの例、電子書籍、資料請求、パンフレット、動画、ウェビナー、セミナー、ホワイトペーパー、クーポンなどがあります。

メールはどのくらいの頻度で送信する必要がありますか?

それはビジネスごとに異なります。顧客の興味関心レベルに応じてフェーズ毎に送信する頻度も違えば、顧客のアクションによって自動送信される場合、週に1回のメールを受け取る顧客もいれば週に3~4回受け取る顧客もいます。重要なのは決まった頻度ではなく、テストを重ね、分析データに基づいた適切なマーケティングアプローチを見つけることです。

メールが迷惑メールフォルダに入らないようにするにはどうすればよいですか?

なりすましの可能性が高いと判断された場合、迷惑メールフォルダに入れられます。防止するには送信ドメイン認証を行う、迷惑メールによく使われるようなワードは使わない「儲かる」「稼ぐ」「金」といったもの、あと画像だけのメールを送らない、こちらも迷惑メールと判断されやすいの注意しましょう。

メールマーケティングを行う上で注意する点は何ですか?

特定電子メール法のガイドラインを理解した上で、違反しないようにメールマーケティングを正しく行う必要があります。注意点は3つ、①オプトイン:同意を得ること、②オプトアウト:配信解除リンクを設置すること、③送信者の情報を明記すること、ガイドラインを守ってメールマーケティングを行いましょう。

メールマーケティングで何を分析すればいいですか?

メールマーケティングの主な指標は、到達率、開封率、クリック率、コンバージョン率、配信解除率を見ます。そしてハードバンスリストとソフトバウンスリストも確認します。業種によって異なりますが平均開封率は21.33%、クリック率は2.62%、配信解除率は0.26%です。

メールマーケティング活動を外部委託する必要がありますか?

社内でメールマーケティング設計、コンテンツ作成、データ分析、改善するための時間とリソースがある場合は、ぜひそうしてください。しかし、これらのタスクを経験豊富な専門家に任せたい場合は、アウトソーシングが最適です。


月額定額(サブスク)でデジタルマーケティング代行を提供しています。
業務委託を検討する↓↓↓
まずはオンラインミーティングから始めましょう こちら>>